BLOG

ハードトップ レーダーベース 

ハードトップ レーダーベース 

今日はハードトップレーダーベースについてご紹介して参ります。
商品詳細
この商品はレドーム型のレーダーを搭載するための専用の台座です。
一般的に販売されている製品は重量が重く、高コスト商品が多い中、
軽量、汎用性、コスト面においてもご満足頂ける商品となってます。製品
【対応機種】
古野電機:DRS2D・DSR4D
GAMIN:GMR18xHD・GMR18 HD+・GMR18xHD
光電製作所:RB714A・RB715A
日本無線:1.5ft/NKE1066※2ft/NKE2044
使用時には別途№6210 JRCオプション板セットが必要です。

  

Q1
台座の角度は変わりますか?

A1
ボートの航行状況やハードトップの形状に合わせて、台座の角度を
上下に調整が出来ます。


Q1-1
台座は回転しますか?
A1-1
台座は回転しません。関税固定となっております。

Q1-2
航海灯ポールやGPSアンテナポールは長さを変更できますか?

A1-2
長さを長くすることは可能ですが、特注になるため、別途事前にご相談
お願い致します。


Q2
何故、台座をわざわざ付けるのか?
A2
キャビン上部形状とレーダー本体の取付面の形状とが平面ではないことが多いため、
台座を取り付ける事が多いです。
また、何よりもレーダーの干渉無しに、航海灯ポールとGPSアンテナも簡単に接続をする事が出来ます

Q2-1
日本無線の2ft/NKE2044を使用したいときは№6210 JRCオプション板セットは必ず必要ですか?
A2-1
必ず必要となりますので、併せてご注文ください。


レーダーを搭載した台座No.6195(ハードトップレーダーベース)に
オプションポールで航海灯No.6205(レーダーベース用航海灯ポール)や
GPSアンテナNo.6207(レーダーベース用GPSアンテナポール)も、
レーダーの干渉しない位置に取付られ、見た目もすっきりセットできます。
小型レーダーの取付はこれがベストの選択です。

新着・カテゴリ・過去記事一覧